キャンプには欠かすことができないランタン

アウトドアブームなどからも、テントを持参してキャンプをする人も多くなっているようですが、キャンプは基本的に決められた場所でテントを設営して楽しむアウトドアーです。

ただ、中には大自然の中で楽しむ人も多く、しっかりとしたマナーを守り行うことは自然を汚すことなく楽しい時間を過ごすことに繋がって来ます。このようなキャンプの場合は、専用の施設のようなトイレや炊事場などの設備は一切ありませんので、自分たちで工夫しなければならないある意味上級者向けの場所といっても過言ではありません。

施設などの場合は、照明などの設備もあるので夜間トイレに行きたくなっても電気が使えることもありますし、近くには自動販売機などの設備もあるので喉が渇いたときなどお金を入れればジュースやビールを買うこともできるわけです。ところで、夕暮れとなるとテントの中は暗黙に包まれることになるので懐中電灯が欠かすことができない存在、しかし懐中電灯を照らして調理を行うのは大変、そこで登場するのがランタンです。

ランタンにはホワイトガソリンやガスで使えるもの、中には乾電池で使えるものもありますが、ランタンを使うのであればマントルと呼ぶ特別な装着具を取り付けるタイプがおすすめです。マントルは簡単にいうと発行体になるものでガスもしくはホワイトガソリンで点火した炎を灯りに変えてくれるものです。乾電池で動作するものにはマントルはありませんが、これがあるのとないのでは明るさに大きな違いがあるのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *