災害時にも役立つキャンプ用品とは

日本では1996年の阪神大震災以降、定期的に全国各地で大きな地震が発生しています。

さらに地球温暖化の影響で、夏になると超大型台風が発生しやすくなっており、毎年災害被害数の増加が顕著にあらわれているほどです。いつ・どこで自分も自然災害の被害に遭うか分からず、日頃から災害に対する備えをしておくことが必要といえるでしょう。この災害対策用品という枠組みでアイテムを探すのは困難であり、販売されていてもお値段が高くなりがちになるのが一般的です。

そこで活用したいのがキャンプ用品で、数多く販売されているキャンプ用品の中から役立つアイテムをピックアップしていきましょう。災害時は屋外で避難生活を強いられる可能性が非常に高いです。そのため、家族全員が寝起きできるサイズのテントを一式揃えておくのが理想です。3人家族であれば約5平方メートルサイズのものであれば、寝起きする分には十分な広さを確保できます。

さらに眠るための寝袋も人数分あれば防寒対策をするのも役立ちます。災害時は水道並びに下水設備の運転が停止します。約1週間分の飲み水を確保すると共に簡易トイレも用意しておくといいでしょう。キャンプ用品の簡易トイレの場合、凝固剤と防臭剤が使用されているので快適に利用できます。この他、暖を取るための木炭や着火剤もあれば屋外で調理をおこなうことも可能です。各ご家庭で災害避難時、どのような行動を取るのかを吟味して用意するキャンプ用品を予め購入して保管しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *