キャンプ用品は目的によって揃え方が違う

キャンプに欠かせない道具、もといキャンプ用品は目的によって持っていくアイテムが異なっています。

例えば日帰りであればテントは必要ないものの、宿泊もといテントで寝るつもりであればテントに寝袋、マットにランタンは外せないです。考えれば当たり前な話ですが、こういった目的を明確にしておく事はキャンプ用品を揃えるうえでは大切なポイントとなります。日帰りならアウトドアテーブルのチェア、食器セットにクーラーボックス、ガスコンロ・バーナーにサンシェード・タープは基本中の基本です。

ついでに焚火台もあれば良いですが、宿泊する予定なら懐中電灯も必要になります。要するにキャンプは時間をかければかけるほど、多くのキャンプ用品が必須というわけです。これらはあくまで必要最低限の品ばかりではあるものの、一気に揃える場合は2万円から6万円の費用が想定されます。もしもキャンプ用品を一切持っていない人はいきなり揃えるのは難しいため、まずは日帰り用のアイテムを揃える事に集中するのがお勧めです。

お得な買い方はそれだけでなく、セット購入も挙げられており、タープやチェアなど一通りの道具が提供されている場合もあります。セット購入はテントといった宿泊用のアイテムがついてくる事もありますが、実はテントは日帰りのキャンプでも使える代物です。キャンプをどう楽しむかは個人の自由ですが、その際に寝転がれるテントは多くの人たちに用いられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *