焚き火台はいまや不可欠なキャンプ用品です

夏のイベントというイメージもあったキャンプですが、一年中楽しむ人も増えてきています。

その人気を支えているのが一人でキャンプを楽しむソロキャンパーです。自虐芸で一世を風靡したヒロシさんが提供する動画は、高い再生回数を誇っています。最低限のキャンプ用品でリラックスして過ごす姿に憧れるコメントが多くあります。一人で自然の中に泊まる魅力は、心が落ち着くことだと言われています。誰にも気を使わなくていいですし、いつもとは違う自然の中に身を置くのは気持ちがいいことでしょう。

そのキャンプをもっと魅力的にするキャンプ用品が数多くリリースされていますが、注目すべきは焚き火台です。最近のキャンプ場は、安全性と後始末の都合から地面に薪を置くスタイルの焚き火を禁止しているところが多いです。ですから自分の使い方にあった焚き火台を持ち込む必要があります。今の定番はステンレス製で、炎をあげる薪の上に網を置いて調理できるタイプです。スポーツ用品店のキャンプ用品売り場に行けば、さまざまな形状のものが見られます。

シンプルな正方形のものや正六角形のもの、すり鉢状のものなどが人気です。重さは2kgから4kgくらいまであります。重さと折りたたみやすさが運搬時に大切なので、それを踏まえて吟味することが欠かせません。ステンレス製は耐久性が高く、10年以上使い続けている人もいます。ただ使い続けられるだけでなく、上に重いものを置いても大丈夫な頑丈さもあるといいでしょう。なぜなら定番の調理器具であるダッチオーブンを上に置けるからです。ダッチオーブンは食材と水を入れて火にかけるだけで、簡単に煮込み料理ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *