キャンプ用品の定番であるテント

キャンプ用品にはいくつもの種類がありますが、必須と言えるのがテントです。

他のキャンプ用品はなくても問題ないかもしれませんが、雨風を防ぐと共にある程度安心して眠れる空間を確保するためにテントは欠かせません。そんなテントにはいくつか種類があり、それぞれ異なる特徴を持っています。そしてその違いはもちろん価格にも影響してくるため、キャンプ用品店で選ぶ際には特徴を把握しておいた方が良いでしょう。

もっともスタンダードなタイプはドーム型で、大勢の人がイメージするテントらしさがあります。定番なのでバリエーションも豊富で、初心者から上級者まで幅広い人のニーズに応えることができます。ドーム型はサイズにもよりますが基本的には少人数での使用を想定されているため、家族など大勢には向いていません。そんな時に選択すべきなのは2ルームやトンネル型と呼ばれるタイプで、名前の通りドームに部屋を追加したり、ルーフが延びた形をしています。

またそれよりもさらに大きなロッジ型であれば、居住するために十分と言えるほどのスペースを確保できます。いずれの形でもテントは設営をしなければなりませんが、その作業を手軽に行えるように工夫したワンタッチタイプというものもあります。傘のような感覚で骨組みを広げると、すでに全体のシルエットが完成します。そのため設営が苦手だったり、その後のキャンプライフをすぐに楽しみたいという人に向いているタイプです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *